FC2ブログ

応援ありがとう!!!

こんにちは、くーです♪

ご無沙汰しております。

前回のブログで、皆さんにたくさん応援をして頂き、どうもありがとうございましたm(_ _)m

とっても嬉しくて、心強くて、勉強になって、、、

これからまた頑張るぞ!!!と、勇気を頂きました(≧∇≦)

本当に感謝です。

その後なかなか更新せず放りっぱなしですみませんでした(>人<;)

文章を書くって難しい(汗)  楽しいことならドンドン書けてしまうのになぁ。

でも、なんとか書いたので、よかったら読んでくださいね(*^◯^*)

(下の写真は先日秋田の乳頭温泉に日帰りで行った時ものです。カイは元気です♪)


まず、前回の続きですね。

某ペット雑誌の獣医電話相談をしたところからでした。

ヘルニアと診断を受けた時、予想外の深刻な病名だったので頭が真っ白になりまして、、、(^_^;)

「そうですか、、、、」と今後の話も聞かずに帰って来てしまったんです。

もう一度聞きに行く前に、電話相談でメモを取りながら説明を聞き、

何をしっかり聞いてくればいいのか確認しようと思ったんです。

それから以前は問題ないと言われていたのに病院が変わるとヘルニアと言われて、

CTやMRIなしでこのまま進めていいのかも聞きたかったんです。

電話相談の先生は、「いつから足に問題があると感じていたのですか?」と聞いてきたので、

「関係ないかもしれないんですが、生後4、5ヶ月の頃からです。」と、最初に病院へ連れて行った話をしました。

(そのことは後ほど書きますね)

電話相談の獣医さんいわく、「今となってはわからないけれど、そんなに昔(1年半前)から膝蓋骨脱臼だとすると股関節の歪みからくる痛みも考えられるし、可能性はたくさんあります。

そうだとすると町の動物病院で判断することは難しいと思います。
まだ2才で骨の付きも早いから、諦めずに検査した方がいいと思います。」

と、言われたんです。

え?! メスを入れたくないからこそ調べたほうがいいかと思っていたのに。

手術なんだろうか、、、手術はしたくない。

でも町の動物病院でわからないのなら、、、

(ちょっと箸休め?!(笑) ↓田沢湖とたつこ像です。)


それを聞いて私は「やっぱり検査しなきゃ!!」と、一気にスイッチが入ります(^_^;)

でもいつもは「それでいーんじゃない」しか言わないカイパパがストップしてくれました。

(カイパパだけじゃ完全に止まらなかったかもしれないけれど、皆さんやいつもお世話になっているトリマーさんが、

「リスクもあるし一般的には動けなくなってから検査が多いですよ。」

「治療する病院を決めてそこで検査の方がいいんじゃないかな。」

「カイの性格も考えた方がいいですよ。」

などなど一杯アドバイスをくれたおかげで、落ち着くことができました。)

今はまずカイに合うような治療法とその治療方針の病院を決めて、先生と相談してそれから、、、と考えています。

幸い仙台にヘルニア治療の経験豊富な先生がいそうです。

治療方針も動けなくなったらなるべくその日に検査から手術まで麻酔1回で済むようにと、お考えのようでうちの希望にとても近いし、

主治医がいても、セカンドオピニオンでも、受けますと書いてあるので、近いうちに予約して、見ていただこうかなと思っています。

この先生ならCT検査なしでも経験で診断できるかなと期待しているんです。

それから原因をはっきりさせることに固執するのはやめようとも今は考えています。

全ては仙台の先生と相談して、またそれから考えていきたいと思います。

(またまた箸休め(笑)↓田沢湖畔のレストランORAEでランチ、いい眺めです)



あとは、初めて足に問題があると感じた時の話ですね。

さっきも書きましたが疑いを持ったのは早くて生後4、5ヶ月の頃です。

3回目のワクチンが終わり散歩デビューをしたら、カイはオスなので自然に片足を上げてオシッコするようになったんです。

ところがオシッコがまだ出ているのに、上げた足がふらふらっと下りてしまうんです(汗)

だから自分の前足にオシッコがかかってしまいます(^_^;)

「ほら、オシッコかかっちゃうよ!」

「しっかり上げなさい!!!」って言ってました。

でもなかなか足を止めておけないし、何度も見ているうちに

「もしかしたらどこか痛いとか、力が入らないのかな?」と思って、、、

すぐに病院へ連れて行きました。

(その先生は以前に通っていた病院の先生ですが)

触診して部屋を自由に歩かせ、「問題ない。細かいことを気にしない性格からくるのでは?」と、言われました。

え?!って思いながらも大丈夫と言われて嬉しかったです。

でも心配で、その時に段差をなくしたり滑らないようにマットを部屋中にひいて対策をとったんですよ。

(箸休め(笑)抱返り渓谷、回顧の滝にて♡)


その数週間後、カイは足を上げたままオシッコするようになったんです。

足を上げた後、腹筋に力を入れて、お尻を丸め込むように体勢をキープです。

でも腹筋を使うとオシッコの向きが前になるので、やっぱりしょっちゅう前足にオシッコはかかります(^_^;)

動画があります。ヘルニアと言われたばかりの時で好き勝手にカイを歩かせています(汗)ダメダメ飼い主ですが今回は多めに見てくださいね。


この姿を見て「カイは腹筋を使う癖があるんだな」と、こういう仔なんだと思っていました。

あとは後ろ足を伸ばしてオスワリするところ↓↓。

横に伸びたり、前に伸びてカエルみたいに座る事が多いです。

(この座り方は膝など悪いためにすることが多いそうです。)

前の先生は問題なし、検査の必要なしと診断されました。

先生が大丈夫と言っているのだから、気にするのはやめよう。

カイの病気を探しているような自分が嫌でした(>人<;)

でもどうしても気になって、、、病院を変えたんですよ。
P1050178.jpg
今は、、、

散歩は最初はスロースタート。途中からは元気に歩きます。

でも調子いいと思うと急に座り込んで股関節のあたりを舐めたりします。

↓動画があります。


毎日こんな感じを数回繰り返します。

痛いのかな、、、でも鳴いたりしたことはないんですよ。

毎日毎日様子を見ています。

仙台の先生に診てもらう時に少しでも気がついたことを話せたらと思っています。

今書ける事はこんな感じです。

最初に気になったオシッコのことも座り方も関係ないかもしれません。

私の心配症の性格も直さなければと思います。

でも、3人目の先生に診ていただいてからと思いるんですよ。

今は何をするべきかわからないけれど、一生懸命考えていこうと思います。

そしてやって成功だったことも、失敗だったことも記録していきたいと思います。

長くなりましたが、これからもカイファミリー一丸となって元気に頑張ろうと思います!!!

読んでくれてありがとうございました*\(^o^)/*
スポンサーサイト



Tag:カイ 病気・トラブル  Trackback:0 comment:11 

カレンダー
<09 | 2015/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

くー0402

Author:くー0402
カイ君
2013.9.22生まれのチワプー
(チワワとトイプードルのMIX犬)
甘えっ子で定位置はくーの膝の上
いたずらっ子で少し小心者
好きなお手入れは歯みがき
留守番と駐車時のバック運転が苦手です。
体重3.1kg(2014.6.7現在)
体重3.4kg(2014.9.22現在)
体重2.9kg(2015.5.7現在)
体重3.24kg(2015.6.27現在)
体重3.18kg(2015.8.23現在)
体重2.82kg(2016.9.11現在)
体重3.26kg(2017.1.30現在)
体重3.74kg(2017.4.26現在)
体重3.99kg(2019.4.23現在)
胴体が少々長め(^◇^;)

くー
神奈川県出身
最近まで静岡県裾野市に住んでいたが2013.12.26に宮城県に引越。
旅行が大好きで47都道府県中43都道府県へ行く。
I love Hawaii☆

旦那さん(カイパパ)
北海道出身 日体大卒
のんびりとした性格
Golfが大好き

--------------------

検索フォーム
ブログ訪問者☆
QRコード
QR
楽天市場